闇金被害相談

闇金被害相談|問題解決への近道

闇金の被害相談はこちら

闇金被害相談

闇金の被害相談ならこちら

 

闇金の被害で困っている方はこちらで相談してください。無料で相談できます。

 

ジャパンネット法務事務所 0120-758-685

 

エストリーガルオフィス 0120-735-072

 

闇金の利子は高いので、借りている期間が長くなるほど金銭的に追い込まれてしまいます。
なるべく早めに相談しましょう。

闇金の取り立て被害

闇金は、正規の貸金業を行っている業者ではなく借金に法外な利息を付けて貸し付けると言う非常に悪質な業者になります。
しかも、貸し付けた後もしつこく、そして非常に悪質な取り立てを行う事で有名ですよね。
そこで、今回は闇金の悪質な取り立てとはどういったものなのかをここで理解しておきましょう。
基本的には取り立ての際には非常に暴力的な言葉によって債権の回収をしようとするのが闇金になります。
そして、自宅どころか勤め先ですら、嫌がらせをしてくると言う特徴もあるのです。もちろん、家族に関しても同様で家族にも様々ないやがらせをするという傾向にあるようです。
これは、非常に厳しい状況に追い込まれ、本人はもちろんですが、自分の会社にも迷惑を掛けてしまうのです。
あらゆる手段で取り立てを行おうとするので、非常に厄介なのです。
このように、闇金の取り立ては暴力的な言葉が飛び交いますし、様々な嫌がらせもされます。
勤め先での嫌がらせも十分に考えられるでしょう。
しっかりとした司法書士(法務事務所)に相談するなどの対策が必要となります。当サイトで紹介している闇金相談所なら無料で相談できます。闇金の取り立て被害だけでなく、もう返済できないといった相談もできます。次の返済日がくる前に、思い切って相談してみてください。よい方向に向かうはずです。

闇金業者の手口

通常、それほど信用情報に引っかかっていない人。つまり、自己破産や延滞などをしたことが無い人が闇金に引っかかると言う事はありません。
というのも、闇金業者はその様な人たちが商売の相手ではないのです。ではどういった人たちが相手になるのかと言うと、消費者金融からブラックリスト扱いされてしまい、どこからも借りることができなくなってしまった人がこういった闇金業者の商売相手となるのです。
こういった人たちは、ついつい甘い言葉に乗せられがちになります。それほど経済的にひっ迫していればありえないような言葉に騙されやすくなってしまうのです。
そこに、法外な利子を適用して強引に取り立てていくというのが闇金業者の手口となります。
通常、借金すらしない人もしくは借金をしてもしっかりと返している人が闇金業者に引っかかることはないのですが、借金に頼らざるを得ない人は闇金業者に引っかかってしまいやすいのです。

090金融の被害相談

090金融とは、ケイタイ電話を連絡先としている闇金のこと。
「090-・・・・-・・・・」以外に、「080-・・・・-・・・・」「070-・・・・-・・・・」なども要注意。
一般的に、各都道府県に登録している金融業は固定電話を連絡先としています。
そのため、ケイタイ電話を連絡先としていたら、まず闇金と思っていいでしょう。

 

090金融は、電話やダイレクトメールで営業をしているところがほとんどです。
電話がかかってきたら、着信の番号を確認しましょう。着信の番号がわからなければ、相手に連絡先を聞きましょう。
ケイタイ電話が連絡先なら闇金だと思っていいでしょう。
また、ダイレクトメールが送られてきて、そのチラシの連絡先がケイタイ電話になっていたら、まず闇金です。

 

090金融だとわかったら、絶対にお金を借りないこと。
しつこく電話がかかってくる場合は警察に相談しましょう。
所轄警察の生活保安課で相談できます。

 

すでに090金融からお金を借りてしまったという方も、所轄警察の生活保安課で相談しましょう。
また、当サイトで紹介している司法書士のところでも無料で相談できます。

闇金の嫌がらせ被害

闇金被害で最も債務者にとって負担になるのが精神的な苦痛ではないでしょうか。
実際に闇金からの嫌がらせとはなにが行われているのでしょう。
また解決するにはどうすればよいでしょうか。
闇金からの嫌がらせで代表的なものですと取り立てと同時に嫌がらせが出来ます、電話によるものです。
1日に100回以上かかってくることもあるようです。
また、その電話も自宅のみならず職場や実家、友人にまでかけるそうです。
闇金でお金を貸しているということは言わずに知人やクライアントを装っての電話をかけてきます。
会社に掛かってきた電話を受けた経験のある人の話を聞いたことがあるのですが、最初は友達を装ってその闇金に手をつけてしまった本人がいるか聞いてきて、もちろん職場の人はなにも知らないので本人に代わってしまい、代わったあとには「お前の職場に行くぞ」や「会社の社長に電話するぞ」など脅された、といっていました。
直接取り立てにいく闇金業者は減っているようですが、本当に行くところはまだあるようです。
自分の周りの人にまで迷惑をかけられている時点でもう精神的には苦痛ですよね。
この闇金からの嫌がらせを解決したくてまた他のところから借りてしまったり、
借金返済というのが本来の目的ではなく、嫌がらせを解決したくて借金を返すという方向に変わってしまい、どんどん悪循環になります。
闇金からの嫌がらせの解決は各機関に相談するのが1番です。
警察に電話をすれば警告の電話を入れてくれたりするみたいですし、無料で相談にのってくれる弁護士事務所なども増えてきていますので、闇金の解決は一人で悩まずに必ずプロの機関に相談しましょう。

 

闇金被害無料相談連絡先

ジャパンネット法務事務所 0120-758-685
エストリーガルオフィス 0120-735-072

闇金の押し貸し被害相談

「お金がご用意できました。これから振り込みます」

 

あるとき、このような電話がかかってきました。
すでに、闇金の借金がなくなり、他の借金は任意整理で返済していたときだったので、なんのことかわかりませんでした。
「なんのお金でしょうか?」
「もちろん、○○さん(私の名前)に融資するためのお金です」
「え? 融資なんかお願いしていませんよ」
「すでに用意していますので、1時間以内に振り込みます」
といって電話を一方的に切られてしまいました。

 

いやな予感がしたので、1時間ほど経ってから近くのATMで通帳記入をしました。
すると、○○ファイナンスという名義で2万円の入金がありました。

 

タイミングよく電話がかかってきました。
「お金はご確認いただけたでしょうか?」
「確認しましたが、融資は頼んでいません。すぐに返すので、口座を教えてください」
「わかりました」
といって、口座を教えてくれました。
「では、元金と利息を併せた金額、3万円を振り込んでください」
「は? なんで勝手に振り込まれたお金に利息がつくんですか? 本来なら振込手数料もそちらが負担するべきですよ」
この後、やり取りがありましたが、「利息を払ってくれ」と繰り返すばかり。
仕方ないので、電話を切り、2万円だけ振り込みました。

 

その後、何度となく電話がかかってきましたが、無視。

 

最後は任意整理をしている弁護士に相談しました。

夫に内緒で闇金に手を出してしまったら

闇金は自己破産者や一般の消費者金融などから、もう借入出来ないような人を狙うだけでなく主婦を狙っていたりします。
主婦の中には借金についての知識が全く無い人も居ます。
なので闇金の広告に騙され闇金だと知らずにお金を借りてしまったり、また夫の知らないところでパチンコやスロットなどのギャンブルにハマってしまい、隠れて借金を作ってしまうというものです。
消費者金融や知人などから借金をすると夫にバレてしまうしギャンブルなんて理由では誰にもどこにも相談できない、でもお金が無い、ということで闇金に対しての知識が無い主婦がいつのまにか手を出してしまったというケースは少なくないようです。
このように夫や周囲の人に隠れて闇金に手を出してしまっては、解決法もどうすれば良いのかわからないですよね。
闇金は警察を恐れていますので、まずは警察に相談すると良いと思います。
ですが警察に相談しても夫には必ず話すようにと言われるので、闇金問題を解決したいと決めたならば夫には正直に全て話すところから始めないといけないですね。
闇金は最初はおいしい話で勧誘してきます。
一般家庭も闇金の被害に遭う可能性は否定できません。
もし自分が闇金の被害に遭ってしまったら、冷静になり落ち着いて解決策を見つけていきましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ